中銀が政策金利据え置き、2会合連続

フィリピン中央銀行は12日に開いた金融政策決定会合で、政策金利である翌日物借入金利(RRP)を4.00%に据え置いた。据え置きは2会合連続。物価上昇率や経済成長率が持ち直していることなどを考慮した。 11月の消費者物価指数(CPI)上昇率は前年同月比1.3%と6カ月ぶりに…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「コンドミニアムで初の…(04/01)

アジアがマイナス成長も、コロナ直撃=世銀(04/01)

政府、過去最大の生活支援 2千億ペソ、低所得層に照準(04/01)

【コロナアンケート】新型コロナで「生産減」56% サプライチェーンの影響も6割超(04/01)

政府、隔離施設に船舶・ホテル活用(04/01)

アニョ内相が新型コロナ感染、閣僚で初(04/01)

新型コロナ感染者2084人に、死者は88人(04/01)

自治体の新型コロナ対策、国庫で強化(04/01)

外出制限の延長、内相「得策でない」(04/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン