車の生産能力、過剰が深刻化 1千万台規模、販売低迷が影響

中国で新車販売不振の長期化に伴い、自動車業界の生産能力過剰が深刻化してきた。中国新聞週刊(電子版)が10日伝えたところによると、今年通年では既存生産設備だけで年産能力1,000万台相当が過剰と見込まれている。新車販売は11月もマイナス成長が止まらず、特に新エネルギー車(…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:先月下旬に映画館が営業…(08/05)

【月次リポート】自動車ニュース(7月) 欧州でクリーン水素同盟(08/05)

自動車ディーラー4割が赤字 粗利率マイナス、苦難の上半期に(08/05)

トヨタ新車販売、1~7月プラス成長に転換(08/05)

佳世達、飲食店の運営可視化サービス提供(08/05)

ウォンやバーツなど12通貨、取引手数料を免除(08/05)

インフラREIT、審査基準などを発表(08/05)

健喬の医薬品、中国でコロナ用に販売申請(08/05)

日本のデジタル印刷板にダンピング課税へ(08/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン