車の生産能力、過剰が深刻化 1千万台規模、販売低迷が影響

中国で新車販売不振の長期化に伴い、自動車業界の生産能力過剰が深刻化してきた。中国新聞週刊(電子版)が10日伝えたところによると、今年通年では既存生産設備だけで年産能力1,000万台相当が過剰と見込まれている。新車販売は11月もマイナス成長が止まらず、特に新エネルギー車(…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:社内で風邪がはやってい…(01/21)

テイクオフ:1月下旬から2月上旬と…(01/21)

19年の輸出受注、5.3%減に 全製品・市場が落ち込み(01/21)

プラごみ規制を大幅に強化 今年から一部製品禁止、代替奨励も(01/21)

ブランド品売買SOU、3カ国に拠点(01/21)

今年の自動車市場2500万台と予測、工情相(01/21)

国民は米国より中国との同盟望む=調査(01/21)

印GDP、華為排除で最大280億ドル減少(01/21)

香港、武漢発の旅客に健康状態申告義務付け(01/21)

開発区20カ所に是正指導、「国家級」剥奪も(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン