• 印刷する

豪12月消費者マインド下落、下期通じ悲観的

ウエストパック・メルボルン研究所は11日、オーストラリアの12月の消費者マインドが、前月の97ポイントから1.9%下落の95.1ポイントとなったと発表した。同指数は、オーストラリア連邦準備銀(RBA)が6月に今年最初の利下げを行って以来6.1%下落しており、2019年下半期(7~12月)を通して「悲観」が「楽観」を上回ったという。今年第3四半期(7~9月)には消費者支出が停滞しており、これに沿った結果となった。

消費者マインド指数は約1,200人を対象に、個人の財政状態や景況感、出費状況などについての質問から割り出した経済指標。100ポイントを超えた場合は「楽観」が「悲観」を上回り、100ポイント未満は「悲観」が「楽観」を上回っていることを示す。調査は12月2~6日に実施した。

家計への信頼感は、「前年比の家計」は前月比で3.6%、「今後12カ月の家計見通し」は0.5%、それぞれ下落。「今後12カ月の経済見通し」は1.1%、「今後5年間の経済見通し」は2.4%、それぞれ下落した。

今後12カ月間の失業者数の増加見込みを示す失業予測指数は、前月比1.1%上昇の138ポイントとなった。また、「住宅の買い時」は5.6%下落の112.3ポイント、住宅価格予想指数は3.2%上昇の140.1ポイントだった。

ウエストパック銀のチーフエコノミスト、エバンズ氏は、「同指数を構成するすべての項目で下落がみられた」と指摘。「RBAは、不動産価格が上昇するなど利下げの効果が表れていることを認識しながらも、来年2月4日に実施される次回会合では、政策金利を現在の0.75%から0.5%に引き下げるだろう」と予測している。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

日本の投資家、豪州の新規国債を嫌気(16:49)

豪1月消費者マインド下落、山火事影響(16:49)

ボタニー港、山火事の煙回避で作業中止(16:49)

テイクオフ:日本で取得していた免許…(01/22)

豪準備銀は炭鉱買収必要に? BISが気候変動対策で警告(01/22)

〔オセアニアン事件簿〕キャンベラで巨大ひょう、NSWは砂嵐も(01/22)

山火事でシドニー空港利用者減、日本人も敬遠(01/22)

山火事とブラックフライデー、豪小売に影響(01/22)

〔オセアニアン事件簿〕新ウイルス感染男性、ブリスベンで確認か(01/22)

豪小売企の閉鎖増加、不動産業界に影響も(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン