• 印刷する

テイクオフ:12月に入ると街はすっ…

12月に入ると街はすっかりクリスマスモードだ。主要な商業施設や小売店でクリスマスツリーをはじめとする装飾が施され、日本の忘年会に代わってクリスマスのイベントが開催されるオフィスも多い。

自身は近所のコミュニティーセンターで、クリスマスパーティーがあったので参加してみた。1束10Sドル(約800円)のバウチャーを購入し、それを出店で使っていく形式だった。サンタクロースとの写真撮影に3Sドルを要求された時は戸惑ったが、子どもが喜んでいたのが幸いだ。大部屋で雪が降るイベントがあるというので行ってみたら、シャボン玉を連射する機器を使用していた。本物の雪とは程遠いが、みなそれなりに楽しんでいたようだ。

シンガポールから日本を訪問する観光客は増えており、北海道の人気も高いという。毎年クリスマスの雰囲気を味わいながら、本物の雪が見たくなるせいかもしれない。(樹)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中国を中心に新型コロナ…(01/29)

湖北省から入国禁止、自宅待機命令も(01/29)

新型肺炎、アセアン株に余波(01/29)

新型肺炎の感染者、7人に拡大(01/29)

空港の検温検査、全旅客対象に(01/29)

東南アのホワイトカラー求人、3カ国で減少(01/29)

小売・ホスピタリティー業界、43%が経営悪化(01/29)

決済サービス法施行、業界全体の事業環境整備(01/29)

抵当権付き物件の競売、19年は過去最高水準(01/29)

【グラフでみるASEAN】輸出額(11月)5カ国でマイナス成長、ベトナムは好調(01/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン