• 印刷する

東横インが永登浦に新店、韓国13店目

「東横インソウル永登浦」のイメージ図(同社提供)

「東横インソウル永登浦」のイメージ図(同社提供)

日本の大手ビジネスホテルチェーン、東横インは、ソウル永登浦区に韓国13店舗目を12日にオープンする。利便性の高い立地を生かし、ビジネス客や観光客など幅広い客層を取り込む考えだ。

新店舗は18階建てで、客室数は379室。ルームタイプはシングル、エコノミーダブル、ダブル、ツインの4タイプのほか、障害者や高齢者でも使いやすいように独自開発した「ハートフルルーム」も備える。24時間日本語対応が可能で、宿泊料金はシングルが1泊6万6,000ウォン(約6,000円)。


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 観光

その他記事

すべての文頭を開く

ラオス初の野球リーグ戦、韓国支援で開催(01/21)

テイクオフ:韓国の旧正月には、家族…(01/21)

経営体制固めるサムスン トップ判決控え、安定と技術力で(01/21)

輸出に占める半導体比率、19年は10%台に(01/21)

サムスン、印ディスプレー工場に5億ドルか(01/21)

「働く能力あるが働かず」初の200万人超(01/21)

起亜がSUVを投入、目標販売台数は4桁(01/21)

韓国ITカカオ、越中部で送迎サービス開始(01/21)

重光武雄氏が死去、ロッテ創業者(01/21)

韓国・カナダFTA、貿易額が年平均1.9%増(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン