• 印刷する

日本との貿易総額、1~10月は12%増

日本の財務省統計によると、1~10月のカンボジアと日本の貿易額は、前年同期比11.8%増の2,071億8,020万円だった。カンボジアの輸出額は6.7%増の1,586億6,417万円、輸入額は33.0%増の485億1,601万円。10月単月の輸出額は前年同月比1.9%減の188億5,526万円、輸入額は15.6%増の50億2,001万円だった。

プノンペン・ポスト(電子版)によると、日本への主な輸出品は縫製品や履物、自動車部品、電子部品。日本からの輸入品は最終製品や電子機器だった。

カンボジア商工会議所(CCC)のリム・ヘン副会頭は、対日貿易が順調に拡大していることを受け、カンボジアにとって日本は将来性が高い市場と指摘。さらに「日本はアジア各国のインフラ分野などで積極的に投資を展開していることから、両国間の貿易はさらに活発化する」との見方を示した。

一方で、北西部バンテイメンチェイ州ポイペトのSANCOポイペト経済特区(SEZ)を運営するSANCOカンボ・インベストメント・グループのチョ・ビチェット最高経営責任者(CEO)は、同SEZにおける日系企業の操業は順調で、多くの製品が日本やタイに出荷されていると説明。年を追って日系企業の進出が増加し、日本への直接輸出も拡大傾向にあるとコメントした。


関連国・地域: カンボジア日本
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

日本との貿易額、19年1~11月は12%増(01/21)

休眠中のバッタンバン空港、再生計画が浮上(01/21)

リエル建ての預金、前年末比37%増(01/21)

国内の大気汚染、先週末から改善傾向(01/21)

ICTサマート、カンボジア航空管制を上場(01/21)

結核予防会、首都に健康診断センター開設(01/20)

アクレダ銀とウイング、電子決済などで提携(01/20)

韓国現代系がマンゴー加工工場、輸出も開始(01/20)

カタール航空、シエムレアプ便を11月就航(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン