• 印刷する

テイクオフ:ドゥテルテ大統領の発言…

ドゥテルテ大統領の発言に耳を疑ったことは多い。「くそやろう!」に「全員殺す!」など枚挙にいとまがない。もちろん前後の文脈を読み取れば心情が分からなくはないが、権力者が直接的な「汚い言葉」を使うのは妥当とは言えないだろう。テレビでも時折「ピー」音が鳴る。

放言でいえば、トランプ米大統領も負けはていない。強い表現で敵対する相手にまくし立てる姿は、ドゥテルテ大統領といい勝負である。が、時折言葉を選んでいるようにも思えることを考慮すると、フィリピンの勝利か。

日本では政治家の「失言」が話題になる。当地で汚い言葉に慣れてしまったせいか、「え、それ問題?」と思うことが増えた。だが政府高官の発言は、その一言が命取りになることもある。ドゥテルテ大統領は政治と法律に精通する切れ者。汚い言葉遣いは、ギリギリの案配を理解した上での国民へのパフォーマンスと捉えるべきか。(内)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【識者の見方】ベトナム企業の評価、実態以上 東南アジアのM&A事情(上)(01/24)

腐敗認識指数、ASEANは5カ国で改善(01/24)

19年成長率5.9%に減速 8年ぶり低水準、公共支出鈍く(01/24)

噴煙活動再び、高さ500メートルに(01/24)

噴火の被災者に物資提供、日本政府(01/24)

空港で水際対策強化、新型肺炎の拡大受け(01/24)

シェブロンと開発公社の合弁、21年廃止へ(01/24)

マランパヤガス田、19年の生産量は微増(01/24)

メガワイド、南北鉄道2期受注を期待(01/24)

スカイウェイ第3期、6月までに開通(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン