通信5社、20年は5G設備に計300億元投入

台湾大手通信5社が2020年に購入する第5世代(5G)移動通信システム向けの設備は、少なくとも300億台湾元(約1,068億4,800万円)に上る見通しだ。一度に2年以上分の買い付けを検討する企業もあることから、500億元を超える可能性もあるという。9日付工商時報が伝えた。 5社…

関連国・地域: 台湾
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:4月のある夜のこと。ふ…(06/24)

第3級、7月12日まで延長 コロナ警戒、経済への影響懸念(06/24)

コロナ域内感染、3日ぶり100人超(06/24)

台北卸売市場クラスター、指揮中心が対応策(06/24)

家庭用コロナ検査キット、コンビニで販売(06/24)

入国後の待機期間、14日間に短縮(06/24)

鴻海、中国と中国以外の生産比率が75:25に(06/24)

グアムへ「ワクチン観光」、旅行社が準備(06/24)

「旅行は当面ぜいたく品に」、代理店大手(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン