石化大手、ポリエチレン工場を開所

インドネシアの石油化学最大手チャンドラ・アスリ・ペトロケミカルは6日、バンテン州チレゴンでポリエチレン工場を開所した。月内に商業生産を始める。年産能力は40万トンで、既存工場と合わせた年産能力は73万6,000トンに拡大する。 新工場の投資額は3億8,000万米ドル(約4…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 化学建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

ライオン航空、2便で搭乗率70%超で釈明(18:09)

地熱41鉱区、エネ鉱省が来年探査を実施(15:14)

テイクオフ:8月に入り、街が紅白カ…(08/06)

4~6月GDP、5.32%減 コロナ影響顕在化、回復遠く(08/06)

王子HD、9カ所目の段ボール工場を建設(08/06)

首都の渋滞で年間65兆ルピアの損失、運輸相(08/06)

運輸省、航空旅客への検査義務付け見直しか(08/06)

AP2、7月の搭乗者数が前月の2倍に回復(08/06)

ANAの成田4便と羽田運休、9月も継続(08/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン