• 印刷する

テイクオフ:韓国人の友人と思い出話…

韓国人の友人と思い出話に花を咲かせていたら、いきなり「涙袋をいじったか」と聞かれた。何の脈絡もなく聞かれたその質問にこちらは3秒ほど静止してしまった。「整形したか」という意味だ。

かぶりを振って否定したが、韓国では整形したかどうか聞くのは普通なのかと聞くと、皆オープンに話すという。確かに、オーストラリアでも唇にボトックスを入れたとか、顔のリフトアップをしてきたなどの話はよく耳にする。だがそれは、自ら公表しているため違和感を抱くことはなかったが、面と向かって「整形しているのか」と聞かれるのは居心地が悪いものだ。彼女は共通の友人が二重の整形をしたこともわざわざ教えてくれた。

ちなみに筆者の場合は、夜更かしで目の下にクマができたために涙袋が目立って見えただけだろう。大きなお世話だ。(瀬戸内)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「鎖国」で新型コロナウ…(05/12)

雇用重視型で経済復興を加速 大型所得減税も=新年度予算案(05/12)

<予算案>海外企業招致で税制・規制を緩和(05/12)

<予算案>学生ビザの労働時間延長で業界支援(05/12)

豪世帯、40%以上が住宅ローンで家計圧迫(05/12)

在宅勤務の税控除、昨年度に利用者100万人増(05/12)

豪野村、NZ投資企ジャーデンと戦略提携(05/12)

APAとウッドサイド、WA水素計画を断念(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン