• 印刷する

伊藤忠、出版大手と中国で知育・育児事業

伊藤忠商事は5日、出版大手の主婦の友社(東京都文京区)などと共同で、中国本土で知育・育児に関連した事業に乗り出すと発表した。香港を拠点にライセンス事業を手掛けるPPWスポーツ&エンターテインメント(HK)を含む3社で近く香港に合弁会社を設立する。

3社の提携に合わせて主婦の友社が既に新しいキャラクターを制作しており、早ければ年内をめどに、ソーシャルメディアや動画サイト、育児専門ポータルサイトなどでのコンテンツ配信を始める。2020年以降は、アパレルや雑貨、玩具などのライセンス商品、日本製ベビーケア用品の販売に加え、主婦の友社の知育・育児関連書籍の中国でのライセンス事業などにも拡大していく考えだ。現地マーケティングと並行しつつ、「全体的なコンテンツ開発を手掛けていく」(伊藤忠の広報担当者)という。

新会社の資本金や3社の出資比率は非公表。

同担当者はNNAに対し、「中国のベビー・マタニティー市場規模は現在40兆円で、20年には60兆円規模に拡大することが予想されている」と市場の成長性を指摘した。当面は伊藤忠からの駐在員は置かないという。


関連国・地域: 中国香港日本
関連業種: 小売り・卸売りサービスメディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスの影…(08/12)

中国企業の香港重複上場加速 年内最大9社、米中対立激化で(08/12)

新規感染者33人、7月15日以来の低水準(08/12)

無料PCR検査に500万人、政府高官見通し(08/12)

公共交通機関のPCR検査、対象を拡大(08/12)

現職立法会議員の任期1年以上延長、全人代(08/12)

香港日清、野菜事業拡大へ地場企業に出資(08/12)

反発、主力株とカジノ株がけん引=香港株式(08/12)

マニュライフ香港、2Q新業務価値は13%減(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン