低所得向け医療保険、カバー範囲の狭さ課題

マレーシア政府が今年1月に導入した、所得層下位40%(B40)を対象としたタカフル(イスラム式保険)「マイサラム」が、政府の狙い通りには浸透していないようだ。カバーできる重症疾患が36項目にとどまり、対象範囲の狭さが指摘されている。マレーシアン・リザーブが5日付で伝…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 医療・医薬品金融マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「ワクチン打った?」が…(06/15)

日系企業も職場接種に前向き 国内最大労組は費用転嫁を懸念(06/15)

首都の集団免疫、8月にも達成=首相(06/15)

新規感染4949人、27日ぶり4千人台(06/15)

RM1=26.6円、$1=RM4.12(14日)(06/15)

鴻海、半導体シルテラに間接出資(06/15)

コロナ病床使用率、6~12日は平均73%(06/15)

タクシーに乗客2人同乗可、ワクチン接種で(06/15)

中・重症からのコロナ回復者、7割に後遺症(06/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン