雄安新区、IoT開放プラットフォーム整備

河北省保定市の新興開発地域、雄安新区はモノのインターネット(IoT)の統一開放プラットフォームの整備を開始した。河北日報系ニュースサイトの河北新聞網が伝えた。 事業主体となる中国雄安集団数字城市科技はこのほど、同プラットフォーム第1期の入札公告を行った。 同プ…

関連国・地域: 中国-河北
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

中国GDP、19年成長率は6.1%に減速(01/17)

仁宝、年内にもグーグル向けスマホ出荷か(01/17)

新型肺炎で2人目の死者、武漢の69歳男性(01/17)

高級品価格ランク、10位内にアジア5都市(01/17)

中老鉄路の要員採用、応募者の条件を発表(01/17)

中国からLNG輸入、ホテルや飲食店に販売(01/17)

ホテル業界、恵みの雨はまだ 春節予約率3割、値下げ合戦も(01/17)

米中が第1段階の貿易協定 中国、対米輸入2千億ドル拡大(01/17)

19年の香港旅客数、下半期に大きく失速(01/17)

トランプ氏と劉氏、米中貿易協定を高く評価(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン