• 印刷する

国鉄南線延伸で5駅新設、日本製車両採用

フィリピン運輸省は4日、フィリピン国有鉄道(PNR)の南線のうち、マニラ首都圏マニラ市トゥトゥバン―ラグナ州ロスバニョス区間の延伸工事が完了し、12月1日に開通したと発表した。新たに5駅を設置したほか、日本製車両を採用した。

新設したのは、パンソル、マシリ、ロスバニョス、カレッジ、国際イネ研究所(IRRI)の5駅。新車両として、日本製の「キハ59系こがね」1編成(3車両)を活用する。定員は81人で、リクライニングシートや収納テーブルなどを備えている。トゥトゥバン駅からIRRI駅までの乗車料金は150ペソ(約321円)。

PNRはインドネシアに列車37車両を発注しており、来週には2編成(6車両)が納入される。今月から2020年2月にかけて、残りの31車両が納入される予定になっている。


関連国・地域: インドネシアフィリピン日本
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オンライン会見はどうも…(11/26)

6千万人分のワクチン確保へ 政府準備、コロナ収束目指す(11/26)

PCR検査費用に上限設定、保健省(11/26)

アビガン治験開始、3カ月ずれ込み(11/26)

コロナ感染新たに1202人、計42万2915人(11/26)

トヨタ、SUV「ラッシュ」を改良(11/26)

フィリピン航空、民事再生法の申請検討(11/26)

高速料金の電子化、800カ所で対応完了(11/26)

南北通勤鉄道、工事4件の入札開始(11/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン