• 印刷する

国鉄南線延伸で5駅新設、日本製車両採用

フィリピン運輸省は4日、フィリピン国有鉄道(PNR)の南線のうち、マニラ首都圏マニラ市トゥトゥバン―ラグナ州ロスバニョス区間の延伸工事が完了し、12月1日に開通したと発表した。新たに5駅を設置したほか、日本製車両を採用した。

新設したのは、パンソル、マシリ、ロスバニョス、カレッジ、国際イネ研究所(IRRI)の5駅。新車両として、日本製の「キハ59系こがね」1編成(3車両)を活用する。定員は81人で、リクライニングシートや収納テーブルなどを備えている。トゥトゥバン駅からIRRI駅までの乗車料金は150ペソ(約321円)。

PNRはインドネシアに列車37車両を発注しており、来週には2編成(6車両)が納入される。今月から2020年2月にかけて、残りの31車両が納入される予定になっている。


関連国・地域: インドネシアフィリピン日本
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タール火山の噴火から1…(01/21)

【識者の見方】新車販売頼みからの脱却が鍵 東南アジア、移動手段多様化で(01/21)

噴火の経済損失66億ペソ 政府試算、製造業は影響少なく(01/21)

避難区域内の立ち入り完全禁止へ、政府(01/21)

REIT関連改正法に署名、投資呼び込み(01/21)

バイク配車の試験運用、打ち切り勧める(01/21)

19年の国際収支78億ドル、4年ぶり黒字(01/21)

中銀、3月までに債務証券発行へ(01/21)

〔セブ通信〕大統領、交通インフラの財源確保へ(01/21)

渋滞緩和へインフラ整備、3840億ペソ規模(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン