• 印刷する

駐在員が住みやすい都市、台北が世界首位に

海外在住者向けネットワークサイト「インターネーションズ」がこのほど発表した外国人駐在員が住みやすい都市の2020年版ランキングで、台北市が世界の主要82都市の中で1位となった。首位は2年連続。

台北は、公共交通の満足度の高さ、健康管理のしやすさ、生活コストの低さなどが評価された。

調査は、外国人駐在員2万人以上が居住する都市を対象に実施。2~4位はクアラルンプール(マレーシア)、ホーチミン市(ベトナム)、シンガポールで、アジア勢が上位を占めた。

5~10位はモントリオール(カナダ)、リスボン(ポルトガル)、バルセロナ(スペイン)、ツーク(スイス)、ハーグ(オランダ)、バーゼル(スイス)。日本は東京が26位。中国は43位に上海、60位に北京が入った。


関連国・地域: 台湾
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

台湾産コメの19年輸出、過去17年で最多(19:18)

テイクオフ:総統選の前夜、台湾人の…(01/20)

TSMC、今年2割増収へ 1.25兆元規模に、設備投資も拡大(01/20)

鴻海とフィアットがEV合弁へ、中国に照準(01/20)

訪日消費4兆8千億円、7年連続で過去最高に(01/20)

和碩の20年業績と資本的支出、「前年超え」(01/20)

工業設備稼働率、19年は76.6%に小幅上昇(01/20)

仁宝、年内にもグーグル向けスマホ出荷か(01/20)

英業達が上海工場を売却、生産移管で(01/20)

外資が台湾通信業を悲観、5G落札額高騰で(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン