• 印刷する

豪最高裁の新判決、訴訟ファンド業界に打撃

オーストラリア最高裁判所が4日、保険販売に関して集団訴訟を受けているウエストパック銀と、エアバッグに関して集団訴訟を受けているBMWからの不服申し立てについて、ニューサウスウェールズ(NSW)州最高裁判所と連邦裁判所が2月に下していた「コモン・ファンド命令(Common fund order)」を覆す判決を下した。今回の決定は、訴訟に資金を提供して利益を得ている訴訟ファンドにとって打撃になるとみられている。5日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが報じた。

コモン・ファンド命令は、集団訴訟に参加する全構成員に対して訴訟コストを平等に拠出するよう求める命令で、訴訟ファンドと契約を結んでいない者も含めた構成員全員に対し、勝訴により得た賠償金の一部を訴訟ファンドに支払うよう命じるもの。訴訟ファンドへの支払い率は裁判所が決定するが、資金を提供する訴訟ファンドにとっては、将来受け取る利益や手数料の確実性が増すため、原告側が裁判の早い段階でこれを求めるケースが多いという。

NSW州最高裁判所と連邦裁判所は2月に、ウエストパック銀とBMWに対する集団訴訟においてコモン・ファンド命令を下していたが、最高裁判所は「コモン・ファンド命令は、訴訟ファンドが受け取る賠償金を統治するためのもので、州や連邦裁判所の決定権の範囲を超えている」とし、コモン・ファンド命令を下さないことを決めた。

集団訴訟を扱う弁護士からは、コモン・ファンド命令がなければ訴訟ファンドからの出資意欲が衰え、訴訟ファンドを利用した訴訟が減少するとの見方が出ている。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 自動車・二輪車金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【日本の税務】海外赴任中の出産について(01/28)

テイクオフ:ディスカウントチェーン…(01/28)

豪州の新ウイルス感染5人に NZでも確認か、対策強化へ(01/28)

新ウイルスで豪空港打撃、SARSより深刻か(01/28)

〔オセアニアン事件簿〕シドニー・メルボで茶色い雨、魚は大量死(01/28)

グッドイヤー、豪物流にタイヤサービス提供(01/28)

豪ダム貯水量、全域で20%減少見込み(01/28)

NSWで停電の恐れ、当局が緊急措置を実施(01/28)

業界が独企に供給控え計画か、競争委が調査(01/28)

スーパーIGA、生協型事業への転換を模索(01/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン