• 印刷する

JT、韓国たばこのKT&G株売却へ

日本たばこ産業(JT)が、韓国同業のKT&Gの株式を売却することが分かった。JTの広報担当者はNNAの取材に「売却するのは事実だが、詳細についてはコメントを差し控える」とした。

韓国メディアの報道によると、売却額は最大で2,729億ウォン(約248億円)に上る見通し。証券会社の仲介でまとまった株数を取引する「ブロックトレード」と呼ぶ時間外取引の手法で、保有株2.1%の全てを売却する計画だという。

売却の背景については、「JTが2年前から委託生産先を韓国からフィリピンに切り替えたことで、KT&Gとの資本提携を維持する価値が薄れたためだ」と伝えられている。


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国プロ野球(KBO)…(12/11)

大気汚染減へ石炭発電停止も 規制監視を強化、効果には疑問符(12/11)

11月車販売は4%減の33万台 13カ月連続減少、下げ幅は鈍化(12/11)

政府系ら銀行3行、LG化学の電池事業支援(12/11)

財務悪化のCJ、資産売却で改善図る(12/11)

ラート、ラオスの水力発電所が商業運転開始(12/11)

韓国製EV電池、中国で補助金対象に(12/11)

韓国新世界、ビンGとレジャー施設建設へ(12/11)

CJハロー、LGハロービジョンに社名変更(12/11)

現代自「コナ」、2年連続EV販売トップに(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン