ファウンドリー3社、来年1Qも好調維持

台湾のファウンドリー(半導体の受託製造)大手3社が、来年第1四半期(1~3月)の8インチウエハーの生産を高水準で維持する方針だ。例年の閑散期だが、第5世代(5G)移動通信システムの商用化や、東京五輪・パラリンピックを見据えた大型液晶テレビの販売増加を踏まえ、関…

関連国・地域: 台湾
関連業種: その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

鴻海傘下の鴻騰、マスク生産認可取得(03/27)

新型コロナの感染者、283人に(19:02)

政府が消費クーポン券発行へ 4月末にも、内需刺激に期待(03/27)

緯創が世界分散生産へ、10億米ドル投資(03/27)

華晶科技と訊連科技、AI監視領域で提携(03/27)

オンライン学習の麦奇が好調、新型コロナで(03/27)

中鋼、高付加価値化とグリーンエネを主軸に(03/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン