深センイミグレ、スマートグラスで密輸摘発

広東省深セン市の深セン湾イミグレーションでは、スマートグラス(眼鏡型ウエアラブル端末)を使った監視システムの試験運用が行われている。スマートグラスは第5世代(5G)移動通信システムに対応しており、試行半月ほどで、高額電子機器の密輸を複数摘発するなど実績を上げて…

関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

アジアがマイナス成長も、コロナ直撃=世銀(04/01)

テイクオフ:広州の街中ではよくコウ…(04/01)

「消費券」で内需振興 各地で発行、外食や文化産業対象(04/01)

鴻海の19年純益11%減、6年来の低水準(04/01)

製造業PMIが大幅改善、3月は52.0(04/01)

国巨、MLCCの生産が受注の半分以下に(04/01)

2月の外国人宿泊40%減、落ち込み震災以来(04/01)

無症状感染者への対策、発見と隔離を強化(04/01)

大学入試を1カ月延期、新型コロナで(04/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン