華為が炎上、内部告発者に報復の疑いで

【北京共同】中国通信機器大手の華為技術(広東省深セン市、ファーウェイ)が、補助金横領など同社の不正を内部告発した元従業員への報復として、事件をでっち上げて刑事告訴した疑いが発覚し、中国で波紋が広がっている。元従業員は251日間拘束され不起訴となった。消費者の同社に…

関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: IT・通信雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

中国19年成長率、6.1%に下方修正=ADB(14:40)

上場企業の中国投資益、3四半期連続で減少(12:45)

テイクオフ:テレビドラマに飽きてミ…(12/11)

11月のEV登録が過去最高 単月で前年実績超え、MGけん引(12/11)

11月の物価上昇率4%突破 豚肉高騰、市場予測を上回る(12/11)

11月の新車販売3.6%減、17カ月連続で縮小(12/11)

米長官、制裁見送りに言及(12/11)

韓国製EV電池、中国で補助金対象に(12/11)

社会科学院、米中合意の早期成立を訴え(12/11)

半導体の環宇、晶電の中国孫会社に出資(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン