• 印刷する

国際学力調査、全科目で世界2位に後退

経済協力開発機構(OECD)が発表した2018年の国際学力調査で、シンガポールは読解力、数学、科学の全3科目で2位に後退した。全科目ともに首位は中国(北京・上海・江蘇・浙江)。前回調査(15年)ではシンガポールが全科目で1位だった。

同調査は「生徒の学習到達度調査(PISA)」と呼ばれ、世界の15歳の子どもを対象に3年に1度実施。今回は世界79カ国・地域の1,000万人以上が対象となった。

シンガポールの平均得点は読解力が549点、数学が569点、科学が551点。科学は前回調査から5点マイナスとなった。

日本は読解力が504点(15位)、数学が527点(6位)、科学が529点(5位)だった。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 電機マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポールの名物料理…(12/16)

航空産業集積や法整備で優位性 ビジネスジェットで存在感(下)(12/16)

グラブ、現代自と提携で来年からEV配車(12/16)

リーガル不動産、海外初拠点設立へ(12/16)

独系出前アプリが韓国1位買収、アジア攻略(12/16)

百貨店メトロ、インドネシア合弁から撤退(12/16)

投資公社GIC、欧州の物流不動産28軒を買収(12/16)

低硫黄船舶燃料の販売急増、規制強化控え(12/16)

新規車両登録、4カ月連続マイナス成長(12/16)

公共部門のデータ保護規制、民間と同水準へ(12/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン