• 印刷する

海洋公園CEO、旅客減も地元客は増加

香港島南部のテーマパーク、香港海洋公園(オーシャンパーク)の李縄宗(マティアス・リー)最高経営責任者(CEO)はこのほど、香港の社会不安を背景とした旅客減は、2003年の新型肺炎(SARS)流行と比べて事業への影響が大きいとの認識を示した。ただ、地元客の来場が増えていると指摘した。3日付スタンダードが伝えた。

李CEOは、地元客の来場は前年同期より増えていると明かし、地元でのプロモーション強化を進める方針を示した。パーク内に留まる方が安全だと考える地元客の利用により、付属ホテルの稼働率は週末は9割に達し、平日でも5~6割を維持しているという。

海洋公園ではクリスマスに新アトラクションがオープンするほか、来年1月に新たなライトアップショーが始まる。動物をテーマにした新アトラクションも来年前半に登場する予定。2021年には水をテーマにした新エリアと2軒目の付属ホテルが開業予定だ。

一方で、李CEOはキャッシュフローを維持することが難しいと認めた。パークを持続するためには大型プロジェクトを続ける必要があり、このため小型プロジェクトを延期せざるをえない状況だという。李CEOは、「競争力を維持することが重要だ」と述べた。

李CEOは来年7月に退任する。既に世界的な後任者探しが始まっている。


関連国・地域: 香港
関連業種: 観光メディア・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

2月の小売売上高、44%減 落ち込み過去最大、コロナが打撃(04/01)

【コロナアンケート】新型コロナで「生産減」56% サプライチェーンの影響も6割超(04/01)

支援基金第2弾は数百億ドル規模、政府方針(04/01)

新たに32人が感染、累計714人に(04/01)

2月の外国人宿泊40%減、落ち込み震災以来(04/01)

隔離病床が飽和状態、感染者入院待ちも(04/01)

2月の住宅価格指数、2.1%下落(04/01)

1Qの中古住宅取引、成約数は25%増(04/01)

2月の住宅ローン承認額、5%減(04/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン