• 印刷する

10月の大量解雇、ホテル・飲食業が最多

台湾労働部(労働省)によると、企業の大量解雇による10月の被解雇者数は1,119人だった。業種別ではホテル・飲食業が最多の405人。このうち、コーヒー業者1社が220人解雇し、数を押し上げた。経済日報が伝えた。

次いで多かったのは製造業の505人。桃園市の電子メーカー1社が420人を解雇した。

大量解雇を実施したのは29社で、今年の単月最多を記録した。

1~10月では167社が実施。被解雇者数は1万2,596人となり、過去2番目の多さだった。

9月に破産申請を行った台湾中小型パネルメーカーの中華映管(CPT)は11月1日に従業員を大量解雇しており、11月の被解雇者数に影響する見通し。10月時点では全従業員の9割超に当たる約1,900人を解雇するとみられていた。

従業員に給与を支払わず休暇を強制取得させる「無休休暇」は、11月末時点で46社が実施しており、計2,259人が対象。11月中旬時点から3社増えたが、人数ベースでは409人減少した。


関連国・地域: 台湾
関連業種: その他製造IT・通信サービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

五福旅行社、従業員2割をリストラへ(19:24)

新型コロナ感染者、448人に(17:55)

テイクオフ:こちらでもパチリ、あち…(07/02)

スマホゲーム市場が拡大 今年20億米ドルか、中国が存在感(07/02)

群創とコーニング、車載用パネル生産で提携(07/02)

富士康、ベトナム工場の宿舎建設か(07/02)

可成の20年売上高、過去最高の1千億元超へ(07/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン