• 印刷する

テイクオフ:「大丈夫ですよ。安心し…

「大丈夫ですよ。安心してください」――。手術直前、私の所に1人の女性スタッフが駆け寄り、日本語でこう言った。突然の思いがけない日本語に、言葉が詰まってうまく返事ができなかった。

場所は台北市の大型総合病院。突然決まった手術に心の準備もままならず、直前になって不安が押し寄せた。準備室での確認作業はシステマチックに進み、足側にいる医師らの会話はよく聞き取れない。そんな中、担当でもないのに日本人とみてわざわざ声をかけてくれた気遣いが温かかった。

ちなみに手術・入院費は日本の約3分の1とかなり安く、この面でも安心できた。病気にかかるとその国・地域のことがより理解できるとはよく言うが、輸血までしてもらった私としてはもう他人とは思えない、が近いか。今回台湾の医療と医療制度に助けてもらったことはこの先どこへ行っても忘れないと思う。(屋)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの特別予算、1600億元に増額(14:11)

新型コロナの感染者、329人に(15:56)

テイクオフ:台湾では現在、隔離対象…(04/01)

台北繁華街の空室率が上昇 新型コロナで、賃料は4割下落も(04/01)

鴻海の19年純益11%減、6年来の低水準(04/01)

国巨、MLCCの生産が受注の半分以下に(04/01)

仁宝、20年PC出荷量は横ばい維持へ(04/01)

日月光が資金調達計画、277億元超か(04/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン