• 印刷する

MRT路線を南に延伸、BPTJが提案

インドネシア運輸省所管のジャカルタ首都圏交通機構(BPTJ)は、首都ジャカルタの都市高速鉄道(MRT)を、ジャカルタ郊外バンテン州南タンゲラン県まで延伸する路線を提案している。4月に開業した南北線(第1期)の最南端駅ルバックブルス駅からさらに南へ延伸、新たに11駅を設置する。2日付ニュースサイト『デティックコム』が伝えた。

BPTJ交通インフラ管理担当のエディ氏によると、新しい路線は、ルバックスブルク駅からムハマディヤ・ジャカルタ大学、国立イスラムシャリフ・ヒダヤトゥラ大学、パサール・チプタット、ポンドック・チャベ、西パムラン、ポンドック・ブンダ、ラワ・ブントゥなどの各駅を経由して終点はタンゲラン・コタ駅となる予定。

MRTの運営会社MRTジャカルタの関係者はNNAに対し、BPTJの提案については「おそらく第4期になるだろう。提案に基づいて事業化調査を行う用意はある」と述べた。

MRTジャカルタは7月、ジャカルタの東西を結ぶ第3期工事について、西ジャカルタ・カリデレスから東ジャカルタ・ウジュンメンテンまで総延長31.7キロメートルの路線に22駅を設置する計画を表明した。今回BPJTが明らかにした延伸路線はこれとは異なる。

MRT南北線ルバックブルス駅の車庫=ジャカルタ(NNA撮影)

MRT南北線ルバックブルス駅の車庫=ジャカルタ(NNA撮影)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

百貨店メトロ、インドネシア合弁から撤退(19:56)

国内最長の高架有料道が完成 第2チカンペック、近く供用(12/13)

いすゞが「トラガ」を輸出 初年度は6000台、3年20カ国視野(12/13)

ダイハツ11月小売り台数、前月比4%増加(12/13)

EVバッテリーの投資に日韓が関心=産業相(12/13)

ニッケル製錬所の建設数、22年目標の3割減(12/13)

石炭供給義務、来年は1.6億トンに引き上げ(12/13)

国営石油、国営3社とパイプライン敷設事業(12/13)

23年にEV用バッテリー生産開始へ=調整相(12/13)

不動産2社、バタムでデジタル・ハブ開発へ(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン