タイグエン、インフラ整備進む 13年にサムスン電子進出で急成長

ベトナム・ハノイの北に位置するタイグエン省が、堅調な発展を遂げている。過去20年ほどの経済成長率は平均10%を超え、特にサムスン電子が進出した2013年以降は、海外直接投資(FDI)も急増している。省内に労働者が増えたことで住宅開発が進んでいるほか、観光施設も整備が進…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

1~3月GDP、東南ア各国で急ブレーキ(03/30)

GDP成長率、1Qは3.8% リーマンショック以来の減速に(03/30)

新型コロナ感染者188人、ハノイの病院閉鎖(03/30)

和碩の19年純益、前年比7割に=4Q好調(03/30)

日本、東南ア7カ国からの入国制限を強化(03/30)

3月の輸出額、12.1%減の200億ドル(03/30)

3月のCPI上昇率は4.87%、前月から減速(03/30)

1~3月の鉱工業生産、5.8%上昇(03/30)

コメなどまた買い占め、スーパーが販売制限(03/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン