タイグエン、インフラ整備進む 13年にサムスン電子進出で急成長

ベトナム・ハノイの北に位置するタイグエン省が、堅調な発展を遂げている。過去20年ほどの経済成長率は平均10%を超え、特にサムスン電子が進出した2013年以降は、海外直接投資(FDI)も急増している。省内に労働者が増えたことで住宅開発が進んでいるほか、観光施設も整備が進…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

MOCA、グラブと二人三脚 群雄割拠のモバイル決済(下)(12/12)

トヨタ、11月の販売数は11%減の6600台(12/12)

東南ア経済成長率見通し、ADBが下方修正(12/12)

現代タインコン11月の販売、19%増の7600台(12/12)

HCM、物流センター開発の基本計画起草へ(12/12)

車フィルムのハイクール、越で首位目指す(12/12)

日建シビル、HCM市カンゾー開発の計画案(12/12)

フーミーフン、高級SSR第1期引き渡し(12/12)

HAGL、水力発電事業から撤退へ(12/12)

韓国DK&D、越工場の不織布ライン増設(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン