• 印刷する

テイクオフ:香港経済を支える柱の一…

香港経済を支える柱の一つである小売業界。およそ半年間にわたって続く社会混乱の影響で低迷している。政府の統計データで明らかになっているが、実際に小売業界で働いている友達にも話を聞いてみた。

旅行関係商品の会社で在庫管理を担当している友達によると、本社が香港拠点の規模縮小を考え始めたそうだ。ここ10年は香港を訪れる中国本土旅行者の恩恵を受け、香港での売上高は上々だった。今後も市場は好調に推移すると見込んで今年前半に会社を拡張したが、売り上げは抗議活動が本格化した6月から一気に減った。有名な商業施設にある店舗も契約を更新しない方針らしい。

「それにしても、もう規模縮小を考えるなんて早すぎない? 最近社会の雰囲気も落ち着いてきたし」。そんな私の疑問に対して、経営戦略に関わらない友達は「どうだろう」としか言わなかった。(伊)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新たなコロナ感染者89人、累計3938人に(08/07)

コロナ無料検査を実施へ、希望者全員に(08/07)

1カ月で感染者2581人増 コロナ第3波、地場経済に痛み(08/07)

新規感染者95人、域内91人=累計は3849人(08/07)

外国人家政婦の感染、一斉検査促す(08/07)

公務員の在宅勤務、8月16日まで延長(08/07)

香港日清、1~6月は3割増益見通し(08/07)

HKTVモール、7月取引額は今年最高に(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン