• 印刷する

テイクオフ:香港経済を支える柱の一…

香港経済を支える柱の一つである小売業界。およそ半年間にわたって続く社会混乱の影響で低迷している。政府の統計データで明らかになっているが、実際に小売業界で働いている友達にも話を聞いてみた。

旅行関係商品の会社で在庫管理を担当している友達によると、本社が香港拠点の規模縮小を考え始めたそうだ。ここ10年は香港を訪れる中国本土旅行者の恩恵を受け、香港での売上高は上々だった。今後も市場は好調に推移すると見込んで今年前半に会社を拡張したが、売り上げは抗議活動が本格化した6月から一気に減った。有名な商業施設にある店舗も契約を更新しない方針らしい。

「それにしても、もう規模縮小を考えるなんて早すぎない? 最近社会の雰囲気も落ち着いてきたし」。そんな私の疑問に対して、経営戦略に関わらない友達は「どうだろう」としか言わなかった。(伊)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

すき家、香港1号店を開業 コスト吸収し「庶民路線」で攻勢(12/13)

テイクオフ:テレビCMでも、スーパ…(12/13)

常陽銀が海外初イベント、香港で食の商談会(12/13)

大湾区の急成長企業、深センが最多=調査(12/13)

キャセイ、輸出貨物処理費を2割引き下げ(12/13)

香港航空に操縦士の救済申し出、キャセイ(12/13)

富通保険、来年末までに代理人500人増員(12/13)

続伸、米金利政策を好感=香港株式(12/13)

20年の住宅供給は1.9万戸、賃料下落傾向か(12/13)

住宅価格の下落予測、56%に大幅拡大=調査(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン