• 印刷する

テイクオフ:来年1月の総統選と同日…

来年1月の総統選と同日実施の立法委員選で、注目選挙区の一つが台北第3区だ。中国国民党からは初代総統の蒋介石のひ孫で蒋家の4代目、蒋万安が立つ。国民党の次世代のエースといわれ、何よりイケメン。米国で弁護士資格を取得後、なるべくして政治家になった蒋万安に勝てる対抗馬はなかなか見当たらない。

だが、この第3区で最近若年層から人気急上昇なのが、与党・民主進歩党から立った呉怡農だ。米エール大学卒業後、金融エリートの集まるゴールドマン・サックスに入社。その後台湾の陸軍に入隊し、特種作戦指揮部に従事した経歴の持ち主。蒋万安より2歳若い39歳。そしてこちらもイケメンである。

この第3区に住む身としては、呉怡農の看板が最近急に増えて、もしかしてもしかするかもと思わないでもない。甘いマスクにだまされず、台湾の選択を静かに見守ろう。(優)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

台湾の国泰金、マヤパダ銀の出資比率51%に(21:38)

国発会、向こう4年の成長率目標3.4%(19:36)

テイクオフ:「アミ族は運動神経も良…(07/14)

航空貨物運賃、高値維持へ 旅客輸送の再開本格化が鍵に(07/14)

長栄航空の旅客数、3カ月連続で9割超減(07/14)

台カ、海運貨物市場が3Qに反転上昇へ(07/14)

長栄海運、無担保転換社債を海外初発行(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン