労使関係法案に閣議承認、有期雇用を明確化

インド政府は20日の閣議で、「労使関係に関する労働法案」(以下、労使関係法案)を承認した。企業に対して全業種での有期労働者の直接雇用を認める一方で、有期労働者に対し正規雇用者と同等の社会保障などを提供することを定めた内容だ。エコノミック・タイムズ(電子版)などが…

関連国・地域: インド
関連業種: 電機マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:乗用車最大手マルチ・ス…(08/04)

ココイチが1号店オープン 日本の味提供、外食の回復見据え(08/04)

台湾企業、iPhone生産ラインをインド移設か(08/04)

7月の二輪販売、地場3社が1割減まで回復(08/04)

スズキ9割減益、インド四輪減速(08/04)

二輪TVS、30億ルピーの設備投資を計画(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン