• 印刷する

ホンダ、タイで電動バイクシェアの実証事業

APホンダは、PCXエレクトリックを活用したバイクシェアサービスの実証事業を開始した=タイ・バンコク(同社提供)

APホンダは、PCXエレクトリックを活用したバイクシェアサービスの実証事業を開始した=タイ・バンコク(同社提供)

ホンダの二輪事業のタイ法人APホンダが、電動バイク「PCXエレクトリック」を活用したバイクシェアリングサービスの実証事業に乗り出した。首都バンコクの国立キングモンクット工科大学トンブリ校(KMUTT)内で、8台体制で開始。日本と同様に、企業や政府機関向けのリース販売事業の構築を図る。

2020年上半期(1~6月)までには、トンブリ校内の充電設備を2カ所追加する。ホンダと同校は今年6月、消費者の反応を伺うための実証事業を共同で行うことで覚書を交わしていた。

PCXエレクトリックは、1回の充電で41キロメートル(時速60キロの定時走行)走る。日本では昨年11月にリース専用車として発売され、市販はされていない。

実証では、1時間当たり30バーツ(約108円)で貸し出す。利用者は、専用アプリで車両を予約。充電設備までバイクを返却する必要がある。

スクーター「PCX」シリーズの販売価格は、日本ではガソリンエンジン搭載の「PCX」(排気量124cc)が約35万円、「PCX150」(149cc)が約38万円から、ハイブリッド車(HV)「PCXハイブリッド」が44万円。タイでは、PCX150とPCXハイブリッドを販売している。

三菱UFJ銀行のタイの連結子会社、アユタヤ銀行のアナリストはNNAに対し、「タイの二輪車市場は飽和感があるが、Eバイクは向こう数年で堅調な成長が見込める」と話した。来年1月1日にはバイクの物品税制が変更される予定で、二酸化炭素(CO2)の排出量に応じて最終価格が200~1,500バーツ上昇する見込みで、バイクの電動化を後押しする。

タイでは、トヨタ自動車が2017年、国立チュラロンコン大学内でトヨタ車体製の1人乗りの超小型電気自動車(EV)「COMS(コムス)」を活用したカーシェアサービスの実証事業を開始していた。

ホンダは、PCXエレクトリックの実証を、東南アジア諸国連合(ASEAN)にシェアサービスを展開していくための皮切りとする方針。トヨタにとってもチュラロンコン大の実証は新興国で初の事例。今後、ASEANでもシェアサービスの車両売り込みに向けた動きが活発化している。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 自動車・二輪車電機運輸IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

住宅開発上位5社が減収減益 1~9月、市場減速で発売延期も(12/06)

中国への輸出依存度が大幅減 18年度は30%、日米などに多様化(12/06)

アジアの20年昇給率4.9%に鈍化、NNA調査(12/06)

20年の新車市場、最大5%減予測=カシコン(12/06)

東光電気が現法、電力消費増に伴い商機拡大(12/06)

ベンツ、タイでPHV用バッテリー生産開始(12/06)

スシロー、香港とシンガポール軸に海外展開(12/06)

ホンダ二輪、「PCX150」の新モデル発売(12/06)

ホンダ二輪、ドラゴンボール限定車が完売(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン