SKエナジー、貨物車休憩所に太陽光発電設備

韓国石油元売り大手のSKエナジーは20日、南部・釜山新港(慶尚南道昌原市)内で運営している貨物車向け休憩施設で、年末ごろから太陽光発電設備を本格稼働すると発表した。環境配慮型の発電事業を活性化する狙いがる。 貨物車駐車場に設置中の発電設備は出力995.4キロワット時(…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 電機天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

韓国で新型肺炎拡大、電子製品を台湾振替か(12:23)

自動車ショーの出展数が倍増 現地生産モデルが台頭、中国車も(02/24)

テイクオフ:「ウイルスは電車のつり…(02/24)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(23日正午) イタリアで2人の死者、強まる日本への警戒(02/24)

新型肺炎が花見シーズン直撃 訪日台湾人、過去15年で最少か(02/24)

新型肺炎「深刻」レベルに 感染者600人超え、南東部で急増(02/24)

人口の多い新興国でベンチャー産声=鈴木氏(02/24)

就活生の63%「新型肺炎がマイナス影響」(02/24)

タイエアアジアX、3月に韓国便を運休(02/24)

韓国の成長率、01年以降大幅に下落(02/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン