• 印刷する

日系店舗が多い商業施設、再開発確定

シンガポール中心部の商業施設「リャンコート」の再開発が決まった。不動産開発大手シティー・デベロップメンツ(CDL)などが新たな複合施設に造り替える。同施設は古くから日系店舗が多く集まっている。かねて再開発のうわさがあったが、21日に計画が正式に公表された。2024年に再開業する。

CDLと政府系不動産開発会社キャピタランドが折半出資する合弁会社が中心となり、リャンコートのほか、ホテル「ノボテル・シンガポール・クラークキー」、サービスアパート「サマセット・リャンコート・シンガポール」を対象に再開発を実施する。

敷地面積は1万2,925平方メートル。住宅不動産、商業施設、ホテル、サービスアパート、地下駐車場から成る複合施設を建設する。延べ床面積は10万平方メートル余りとする計画だ。24年から順次開業していく。

住宅は約700戸分で2棟のタワーに分かれる。商業施設部分と合わせて、合弁会社が権益を持つ。

ホテルは米ホテル大手マリオット・インターナショナルの「モクシー」ブランドで運営。客室数は460~475部屋で、権益はCDLの不動産投資信託部門CDLホスピタリティー・トラストが持つ。

サービスアパートはキャピタランド傘下のアスコットが「サマセット」ブランドで運営、所有する。戸数は192戸とする計画だ。

リャンコートは1984年に開業したモール。開業当初から紀伊国屋書店が入居し、スーパーの明治屋も過去16年にわたって店舗を構えていた。このほかにも日系の小売店、飲食店、診療所などが数多く入居してきた歴史がある。

再開発が予定されている商業施設リャンコート(キャピタランド提供)

再開発が予定されている商業施設リャンコート(キャピタランド提供)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 建設・不動産小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

配車グラブ、決済カード発行 東南アジア1兆米ドル市場に照準(12/06)

海洋プラごみ削減ファンド、20年に始動(12/06)

香港保険FWD、福利厚生事業から撤退(12/06)

スシロー、香港とシンガポール軸に海外展開(12/06)

飲料F&N、西部トゥアスに総合拠点開設へ(12/06)

先端技術の法的研究施設、国立大が開所(12/06)

仏ボロレ、物流・技術開発拠点を開設(12/06)

自給率1割未満脱却へ、「地産地消」推進で(12/06)

国民6割が退職後の準備不十分、地場社調査(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン