家電量販の勢力図に変化、燦坤が首位陥落か

台湾の家電量販チェーンの勢力図が変化しつつあるようだ。業界売上高首位の燦坤実業は近年、業態転換や投資事業で苦戦を強いられている上、本業の家電量販は電子商取引(EC)の普及で打撃を受けている。2020年には競合の全国電子(Eライフ・モール)に売り上げ首位の座を奪われ…

関連国・地域: 台湾
関連業種: IT・通信小売り・卸売りサービス


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台湾では現在、隔離対象…(04/01)

台北繁華街の空室率が上昇 新型コロナで、賃料は4割下落も(04/01)

鴻海の19年純益11%減、6年来の低水準(04/01)

国巨、MLCCの生産が受注の半分以下に(04/01)

仁宝、20年PC出荷量は横ばい維持へ(04/01)

日月光が資金調達計画、277億元超か(04/01)

群聯が新工場着工、22年初めに稼働開始へ(04/01)

PCB欣興、資本支出を過去最高の240億元(04/01)

裕隆が36%減資、創業以来初(04/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン