ゴーン体制完全脱却、日産が業績回復へ経営刷新

【共同】前会長カルロス・ゴーン被告の事件発覚以降、日産自動車では収益力低下やフランス大手ルノーとの連携の乱れなど、構造的な問題が次々に露呈している。カリスマ経営者として長年日産を率いたゴーン被告の最初の逮捕から19日で1年となる中、12月1日付で経営陣を刷新し、ゴ…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

新車販売に売上税減免効果 首位プロドゥア、6月は前月3倍(07/03)

テイクオフ:お願い、衣類を捨てない…(07/03)

阪急阪神不、ハイフォンの物流倉庫に出資(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

三菱地所、シドニーで住宅開発 レンドリースとの共同事業第3弾(07/03)

除菌ロボットで提携、明成・ドーグら3社(07/03)

ヤンゴン川、夜間航行の実現へ資金協力(07/03)

三菱系BMA、QLD炭鉱に自動トラック(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン