• 印刷する

ICTSI、イロイロ港開発計画が前進

フィリピンの港湾運営大手インターナショナル・コンテナ・ターミナル・サービシズ(ICTSI)は18日、西ビサヤ地方イロイロ市で計画している港湾開発事業について、フィリピン港湾庁(PPA)から提案が認められたと発表した。港湾機能の増強に向けて一歩前進した格好だ。

PPAは官民の合弁事業に関するガイドラインに沿って提案を審査した。今後、60日以内に法的、金融面、技術面で提案を精査し、実施の可否を判断する。

PPAの次の審査を通過し、ICTSIが同事業の優先事業者に認定されれば、国家経済開発庁(NEDA)が審査する。NEDAから承認されれば、好条件の対案が提示されなければ提案者が事業主体となる「スイスチャレンジ方式」の入札が行われ、事業者が決まる。

ICTSIは87億ペソ(約186億円)を投じ、イロイロ複合商業港とドゥマンガス港を増強することを提案している。同事業は政府に官民連携(PPP)事業を持ち掛ける「アンソリシテッド・プロポーザル」で、イロイロ複合商業港については大型船の寄港を可能にし、ガントリークレーンの設置やコンテナヤードの機能を拡張する計画だ。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ボトル再生工場、1月着工 コカ・コーラ、東南ア初(12/06)

アジアの20年昇給率4.9%に鈍化、NNA調査(12/06)

11月の物価上昇率1.3%、6カ月ぶり加速(12/06)

製造業活性化に300億ペソ必要、貿産省(12/06)

証取の清算子会社、英社の決済システム導入(12/06)

10月の失業率4.5%に低下、統計庁(12/06)

10月の工業生産、11カ月連続で前年割れ(12/06)

ボホール空港の運営保守、投資額は38億ペソ(12/06)

〔ミ島通信〕日本が技術支援、道路整備事業(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン