• 印刷する

ハンファ、米GEに航空機エンジン部品供給

韓国ハンファグループで航空部品を製造するハンファエアロスペースは18日、米電機大手ゼネラル・エレクトリック(GE)と、2025年までに航空エンジン部品46種を納品する契約を交わしたと発表した。契約規模は3億米ドル(約326億円)。韓国メディアが伝えた。

ハンファエアロが供給するのは、GEの最新エンジン「GE9X」向けの高圧圧縮機ケースなど6種と、「LEAP」エンジン向けの高圧タービンケース類など40種。GE9XはGEが開発中の先端エンジンで、2020年からボーイングの大型航空機「777X」に搭載される。

GEに供給する部品は昌原工場(慶尚南道)やベトナム工場などで生産する計画だ。

ハンファエアロは今月、ロールスロイスともエンジン部品供給契約を交わした。過去5年間での航空機エンジン部品受注額は累計201億米ドルを超えている。


関連国・地域: 韓国
関連業種: その他製造運輸

その他記事

すべての文頭を開く

韓国車販売が11カ月連続減 現代自不振、来年はさらに逆風か(12/06)

アジアの20年昇給率4.9%に鈍化、NNA調査(12/06)

現代自が投資増額、電動・スマート化に拍車(12/06)

11月の日本車販売、不買運動で56%減(12/06)

SKトップの離婚騒動、妻が訴訟で意趣返し(12/06)

60歳の平均余命25年、10年前より2.4年長く(12/06)

新韓銀行、カンボジアで電子決済サービス(12/06)

フィンテック企業育成、規制を緩和(12/06)

SKイノ、中国に海外初バッテリー工場竣工(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン