• 印刷する

区議選予定変更のリスク高まる、政府高官

香港政府の聶徳権(パトリック・ニップ)政制・本土事務局長は18日の記者会見で、17日に香港理工大学周辺などでデモ隊と警官隊が激しく衝突したことを受け、「(24日予定の)区議会(地方議会)選挙を期日通り行えないリスクが明確に高まった」との認識を示した。官営放送RTHKなどが伝えた。

聶氏は、選挙を期日通り実施する条件として、暴力を直ちに止めることのほか、トンネルや幹線道路の占拠、交通設備への破壊行為の停止を挙げた。選挙当日に有権者や係員が投票所にたどり着けないため。

今回の選挙は「前例のないチャレンジ」に直面しているとも指摘。毎日、情勢とリスク評価を行っていると説明した上で「市民は暴力とたもとを分かち、4年に一度の選挙権を大切にしてほしい」と呼び掛けた。

投票所の運営を確保するため、警備担当者を多数派遣するほか、消防職員による緊急時対応チームを立ち上げ、火災の際の消火活動に当たるという。


関連国・地域: 香港
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「なぜ香港の空調には暖…(12/11)

小売業界、6000人弱解雇か 団体調査「業況は過去最悪」(12/11)

行政長官、14日北京へ=習主席と会談か(12/11)

覆面禁止法、再び無効に=香港高裁判断(12/11)

過激派が「一時休戦」、地下で態勢回復か(12/11)

3Qサービス業収益指数、4部門で2桁下落(12/11)

輸出の減少幅、11月は縮小も=貿易発展局(12/11)

11月の民間求人、前年比3割超減(12/11)

貿発局主催の展示会、下期はバイヤー2割減(12/11)

恒例の工展会が開幕、警備を強化(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン