• 印刷する

テイクオフ:オーストラリアの「シド…

オーストラリアの「シドニー・ダンス・カンパニー」は、近代的なコンテンポラリーダンスを中心とするダンス団体で、国内外から評価が高い。

先日、シドニーで創立50周年記念公演が開催されたので足を運んだ。中でも、映像とダンサーのコラボレーションが有名な演目が再演されるので楽しみにしていた。ところが、オープニングの特別映像が始まると何やら音楽と映像に異常が。客席が明るくなり「技術的問題が発生したため、しばしご歓談を」とアナウンスが流れた。

数分後にショーは再開されたが、案の定というべきか、肝心のコラボ演目の映像も途中で止まってしまった。それにもかかわらず、全ての演目が終わると客席からは大歓声。終わりよければ全てよし、というオージーの寛大で前向きな精神を感じたが、主催者側にもう少しプロフェッショナルな心構えがあるべきかと。(岩下)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:コロナ禍でオーストラリ…(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

三菱地所、シドニーで住宅開発 レンドリースとの共同事業第3弾(07/03)

レンドリースが3億$超の赤字か、建設遅延で(07/03)

三菱系BMA、QLD炭鉱に自動トラック(07/03)

豪の19年EV販売、5割以上はテスラ車(07/03)

豪住宅価格2カ月連続下落、今後も需要減か(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン