• 印刷する

マイナー、韓国系チキン店を72億円で買収

タイのホテル・外食チェーン経営大手マイナー・インターナショナルは18日、韓国系のフライドチキン店「ボンチョンチキン」をタイでフランチャイズ展開するチキンタイムを月内に買収すると発表した。買収額は20億バーツ(約72億円)。このほど設立した中間持ち株会社が、既存株主から株式100%を取得する。

マイナーが99.73%出資する外食事業会社マイナー・フード・グループが100%出資で設立した中間持ち株会社マイナー・フード・ホールディングが、チキンタイムを買収する。中間持ち株会社の登録資本金は2億バーツで、手元資金で賄う。チキンタイムの登録資本金は1億バーツ。買収資金は、銀行から借り入れる。

マイナーの2019年1~9月期連結決算は、売上高が前年同期比101%増の947億6,200万バーツ、純利益が76%増の69億2,900万バーツだった。売上高の内訳は、ホテルなど宿泊事業が181%増の732億3,000万バーツと最も伸びが大きく、飲食店サービスは1%増の179億6,900万バーツ、その他は11%増の35億6,300万バーツだった。


関連国・地域: 韓国タイ
関連業種: サービス観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

EV充電器、普及目標近づく 官民連携でインフラ整備を先行(08/14)

CP、商用車マクサス販売をフォトンに統合(08/14)

タイ正月の振替、9月4日と7日に決定(08/14)

帰国者3人が感染、市中はゼロ(13日)(08/14)

政府、高速鉄道アユタヤ駅周辺でPPP開発(08/14)

国際線乗り入れ、全面解禁まだ=民間航空局(08/14)

運輸相、年内の一般向け配車アプリ導入命令(08/14)

水道・発電WHAUP、4~6月は63%減益(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン