50年に人口2000万人割れへ 少子高齢化で、30年代に急加速

台湾の人口が2020年をピークに、減少へと向かう見通しだ。少子高齢化が進む中、今年は死亡者数が出生者数を初めて上回るとみられている。30年代前半前後から人口減が一気に加速し、50年には人口が2,000万人の大台を割り込むと予想されている。高齢化に伴い、介護サービスの引き合い…

関連国・地域: 台湾
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

鴻海傘下の鴻騰、マスク生産認可取得(03/27)

新型コロナの感染者、283人に(19:02)

政府が消費クーポン券発行へ 4月末にも、内需刺激に期待(03/27)

緯創が世界分散生産へ、10億米ドル投資(03/27)

華晶科技と訊連科技、AI監視領域で提携(03/27)

オンライン学習の麦奇が好調、新型コロナで(03/27)

中鋼、高付加価値化とグリーンエネを主軸に(03/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン