19年GDP、1.3%減予測 政府が再修正、物価上昇警戒も

香港政府は15日、域内経済に対する最新の見解を発表し、2019年通年の実質域内総生産(GDP)成長率の予測値を、従来の0~1%からマイナス1.3%へと引き下げた。香港で長期化する社会混乱を背景に個人消費などの内需が低迷する中、経済の下押し圧力が続くとみて今年2回目の下方…

関連国・地域: 香港
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今から23年前の昨日は…(07/02)

香港で国家安全維持法施行 厳戒の返還記念日、逮捕者数百人(07/02)

「二制度」の根幹揺らぐ、香港安全法の条文(07/02)

米が香港制裁を本格化、輸出優遇を凍結(07/02)

国安法、グレーゾーンは幅広い=倉田教授(07/02)

香港株は反発、影響図りかねる金融市場(07/02)

香港民主派の処罰示唆、中国=国安法で摘発も(07/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン