• 印刷する

通信BSNL、7.5万人が希望退職受け入れ

赤字経営が続くインドの国営通信企業バーラト・サンチャル・ニガム(BSNL)で、約7万5,000人の従業員が希望退職制度(VRS)に応募した。同制度は来年1月31日から有効となる。PTI通信が伝えた。

同社が今月初旬に発表した「2019年度VRS」は50歳以上の従業員が対象となる。プルワル会長兼社長は14日、VRSを選択した従業員は当初予想の7万7,000人に近い水準に達したと報告。「7万~8万人の従業員が退職した場合、約700億ルピー(約1,060億円)の人件費削減につながる」との見方を示した。

BSNLと同じく赤字経営が続く国営企業のマハナガル・テレフォン・ニガム(MTNL)でもVRSが発表され、来月3日まで応募を受け付けている。

BNSLは2010年から赤字が続き、MTNLも過去10年のうち9年で損失を計上してきた。両社の債務は4,000億ルピーに達しており、向こう3年間で3,750億ルピー相当の資産を現金化する計画だ。


関連国・地域: インド
関連業種: IT・通信雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

6月の乗用車販売、スズキが5割減まで回復(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

6月の二輪販売、3社が3~4割減まで回復(07/03)

インドの中国製品排除に反発、商務省(07/03)

中国発の貨物、通関手続き再開(07/03)

物流DHL、中国からの輸出貨物集荷停止(07/03)

デリー空港、通関で書類不要の新システム(07/03)

ボーダフォン、昨年度は1兆円の赤字(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン