メダンの自爆テロ犯の妻、バリでテロ計画か

インドネシア国家警察は14日、北スマトラ州の州都メダンの市警察本部で13日朝に発生した自爆テロ事件で、自爆で死亡した24歳の学生RMN(イニシャル)の妻がバリ島でテロを計画していた疑いがあると発表した。2人は最近結婚したばかりで、男は妻から影響を受けた可能性もあると…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

世銀、金融部門の改革に4億ドルを融資(14:51)

テイクオフ:新型コロナウイルス感染…(06/14)

デジタル銀行の参入加速 12行以上、LINEも始動(06/14)

首都、一部外国人へのワクチン接種を容認(06/14)

在外外国人の滞在許可延長、受け付け終了(06/14)

新車奢侈税100%免除、8月まで延長方針(06/14)

ハナ銀とLINE、インドネシアでネット銀(06/14)

5月新車販売、前月比31%減の5.5万台(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン