メダンの自爆テロ犯の妻、バリでテロ計画か

インドネシア国家警察は14日、北スマトラ州の州都メダンの市警察本部で13日朝に発生した自爆テロ事件で、自爆で死亡した24歳の学生RMN(イニシャル)の妻がバリ島でテロを計画していた疑いがあると発表した。2人は最近結婚したばかりで、男は妻から影響を受けた可能性もあると…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

1~3月GDP、東南ア各国で急ブレーキ(03/30)

テイクオフ:家人が起こしに来た。イ…(03/30)

自治体が相次ぎ移動制限 ロックダウン政令公布へ(03/30)

日本、東南ア7カ国からの入国制限を強化(03/30)

首都「災害緊急対応」2週間延長、19日まで(03/30)

ガルーダ航空、4月に関空―バリ便を減便(03/30)

感染98人、「治療費無料」で入国も(03/30)

インドネシア便を全休へ、エアアジア(03/30)

首都空港、一部航空会社のターミナル変更(03/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン