• 印刷する

現代自がEV生産、月内に契約調印=調整相

インドネシアのルフット調整相(海事・投資担当)は13日、現代自動車が国内で電気自動車(EV)を生産する計画について、今月下旬にも同社と契約を調印すると明らかにした。投資額は10億米ドル(約1,087億円)規模になるという。

ルフット調整相は国会に出席後、記者団に対し、韓国・東南アジア諸国連合(ASEAN)特別首脳会議などに出席のため24日に韓国に出発するジョコ大統領に同行することを明らかにし、「現代自動車とは、翌25日か26日に投資に関して契約を交わす」と述べた。

ルフット調整相によると、現代自動車は、西ジャワ州カラワン県の近隣地にEV生産工場のための用地を確保する。敷地面積は600ヘクタール規模という。

現代自動車による国内生産計画をめぐっては、アイルランガ産業相(当時)が6月、韓国のソウルで同社の朴弘裁(パク・ホンジェ)副社長と会談したのに続き、7月下旬には現代自動車グループの鄭義宣(チョン・ウィソン)総括首席副会長ら首脳陣がジャカルタを訪れてジョコ大統領と会談している。

ルフット調整相(中央)は現代自動車と今月下旬に契約を調印する予定と明らかにした(海事・投資調整省)

ルフット調整相(中央)は現代自動車と今月下旬に契約を調印する予定と明らかにした(海事・投資調整省)


関連国・地域: 韓国インドネシア
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:某地図アプリでも表示さ…(12/12)

MOCA、グラブと二人三脚 群雄割拠のモバイル決済(下)(12/12)

村田製作所がデータビジネス 首都で交通量測定、商用化へ(12/12)

東南ア経済成長率見通し、ADBが下方修正(12/12)

村田製作所の津守氏に聞く(12/12)

シャープ、新型スマートテレビ2種を発売(12/12)

ジャワ島外の工業団地19カ所、5年で優先開発(12/12)

西ジャワ新空港のアクセス高速道、3月着工(12/12)

再生可能エネ発電、民間の出資制限見直しへ(12/12)

鉱業ロイヤルティーの料率、加工品を優遇(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン