• 印刷する

テイクオフ:「あんたには申し訳ない…

「あんたには申し訳ないけど、部屋を売ろうと思ってる」。今の部屋に引っ越してまだ半年。突然、大家がこんなことをLINE(ライン)でポンと送ってきた。これまでに漏水、水シャワー、停電と一通りのトラブルは経験したものの、追い出される可能性までは想定していなかった。

慌てて契約書を引っ張り出すと、確かに「大家が途中で契約を解除する場合、1カ月分の家賃相当額を違約金として賃借人に払えば契約を解除できる」とある。台湾では一般的な契約事項らしい。

台北市の家賃は2011年2月以降、102カ月連続で上がり続けているという。同じ家賃で同じ人間に貸し続けるなら、売ってしまった方が利益が出ると考えたのかもしれないが、あまりに無慈悲だ。決して快適とは言えないが、10件ほど内覧してやっと決めた部屋。またゼロからの家探しを思うと気が重い。(妹)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

遠東航空の董事長、一転して「運営継続」(12/13)

機能性とサステ素材が強み 台湾・繊維イノベーション(3)(12/13)

テイクオフ:テレビCMでも、スーパ…(12/13)

達興材料が台中に新工場、封止材を生産(12/13)

19~20年の半導体設備出荷額、台湾が首位か(12/13)

群創のスマホ用タッチパネル、日系が採用(12/13)

欣興電子、中台で基板用ABFの生産拡張へ(12/13)

米HP、台湾のノートPCシェア1割超目標(12/13)

ゴゴロの電池利用二輪車、販売シェア26%(12/13)

石化の長春集団、環境対応策を推進(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン