エアソウルが日本の支店半数閉鎖へ、関係悪化で

【共同】韓国の格安航空会社(LCC)エアソウルが、日本にある12支店のうち、札幌と静岡、富山、宇部(山口県)、熊本、沖縄の6支店を早ければ年内に閉鎖する方針であることが11日、分かった。関係者によると、日韓関係の悪化で運休しているソウル(仁川)便は、当面の運航再開…

関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 運輸


その他記事

すべての文頭を開く

上期の「専利」出願が4%減 コロナ響く、TSMCの首位継続(08/07)

サムスン旗艦機で首位奪還へ ノート20公開、MSとゲーム協業(08/07)

新型コロナ感染者、43人増の1万4499人(08/07)

7月の輸入車販売、5カ月ぶり2万台下回る(08/07)

大韓航空が2Q黒字転換、貨物好調が奏功(08/07)

HDC、アシアナ側の「再査定拒否」に遺憾(08/07)

LCCジンエアーが増資へ、生き残り模索(08/07)

LCC済州航空、上期売上高62%減少(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン