• 印刷する

公立2千校で二言語教育、英語人材を育成へ

タイ教育省はこのほど、来年度から全国の公立学校2,000校でタイ語と英語の二言語教育を実施する計画を明らかにした。英語力の高い人材の育成を目的としている。11日付バンコクポストが伝えた。

ナタポン教育相は、「国内の全校で二言語教育を実施する十分な資金がない」と説明。2021年度には予算を確保し、実施する学校を増やしていきたいとの考えを示した。同相によると、既に複数の公立学校で二言語教育が実施されているが、カリキュラムの改善が必要という。

世界各地で英語学校運営や留学プログラムなどを手掛けるイー・エフ・エデュケーション・ファースト(EF)は先に、英語を母語としない国・地域の19年版「EF英語能力指数(EF・EPI)」ランキングを発表。タイは100カ国・地域中74位となり、指数(最高100)は「非常に低い」とされる47.61に後退した。順位、指数ともに3年連続で低下した。


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

家計債務の対GDP比が最高 6月末で84%、返済能力は二極化(10/02)

8月タイ経済、わずかながら回復=中銀報告(10/02)

2020年8月の中銀経済報告(表)(10/02)

貨物トラック、タイ国境入国規制が緩和(10/02)

8月のMPIは9%減、設備稼働率61%(10/02)

1人当たり純金融資産は世界35位、19年調査(10/02)

2020年8月のタイの設備稼働率(表)(10/02)

ドンムアン空港の拡張、環境評価をやり直し(10/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン