• 印刷する

テイクオフ:4月の水掛け祭りと並ぶ…

4月の水掛け祭りと並ぶタイの祭りといえば、この時期のロイクラトン(灯ろう流し)。今年は偶然、北部の古都チェンマイでその開幕に遭遇した。

市内に数多くある寺院や、城壁の門はどこもクラトン(灯ろう)で飾られ、寺によっては参拝客にクラトンの手作り教室を開いていた。夜になると、着飾った女性たちがろうそくに灯をともして、観光客の目を楽しませる。翌日からはパレードなどが予定されているという。

そんな会場に、繰り返しアナウンスが流れる。「今年のクラトンは、発泡スチロールで作りません」「環境保護のため、川にクラトンを流さないでください」。たしかに、道ばたではパンで作ったクラトンを売っていた。

昨年は祭りの翌日、バンコクの公園で池に大量に浮かぶクラトンの残骸に衝撃を受けた。「流さない灯ろう流し」。いい変化への一歩だと思う。(範)


関連国・地域: タイ
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:四連休の真っただ中だっ…(08/04)

近代小売の信頼感が回復基調 2Qで底打ちか、最賃改定提案も(08/04)

アウディ、EVの法人向け販売を強化へ(08/04)

MG販社、チョンブリにショールーム新設(08/04)

中級コンドの賃貸需要が増加、融資厳格化で(08/04)

ユニークエンジ、アユタヤの運河整備を受注(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン