• 印刷する

テイクオフ:長期化する社会混乱の影…

長期化する社会混乱の影響で小売り、観光などの産業が打撃を受けている香港。中でも飲食業界はこれまでに約300店が廃業したという。

日系の飲食店も状況は厳しそう。日本人の利用者が多い香港島・銅鑼湾のレストランで週末に食事をしたが、午後10時ごろには客の姿がまばらだった。日本貿易振興機構香港事務所などが先日発表した緊急アンケートでも小売り・飲食業の75%が業績悪化と回答した。香港鉄路(MTR)が終電の時間を前倒ししていることもマイナス要因だろう。

我が家の外食はもっぱら中華料理で、日本食はあまり選ばない。それでも、微力ながら店を応援したいと思い、家族で同じレストランへランチに行った。安全に留意して行動する必要はあるが、いつも通りの生活を楽しむ気持ちも持っていた方が、自分の心にも現地の経済にとっても健全ではないだろうか。(祐)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

金融管理局、22億HKドルの香港ドル売り介入(18:28)

テイクオフ:香港の老舗化粧品ブラン…(07/08)

6月輸出は前年比3.8%減に 電子・通信の伸び継続が好材料(07/08)

マグウェーの緊急発電事業、香港系が稼働(07/08)

第3波か、域内感染相次ぐ 新たに9人、臨時休校も(07/08)

香港、国安法委が実施細則決定(07/08)

米アップル、国安法の影響「評価中」(07/08)

香港金融AMTD、フィンテック企業を買収(07/08)

反落、本土証券銘柄に売り=香港株式(07/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン