「経済や外交破綻」批判も、文氏任期後半に

【ソウル共同】韓国の文在寅大統領が9日で就任から2年半を迎え、5年の任期の折り返しとなった。与党「共に民主党」は文政権が経済政策や検察改革で「公正かつ正義にのっとった社会をつくるため全力投球してきた」と評価。一方、野党側は経済や安全保障、外交を破綻させたと攻撃…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国の中学と高校ではき…(04/09)

広がる資産・事業売却の大波 業況悪化、あらゆる分野に拡大(04/09)

航空業界の構造改革加速、初の整理解雇も(04/09)

新規感染53人、累計1万384人(04/09)

ソウル市、ナイトクラブなどに営業停止命令(04/09)

遠伝電信、韓国KTと5G提携(04/09)

韓国がノービザでの入国禁止へ、88カ国対象(04/09)

日本の緊急宣言、各国は懐疑的(04/09)

文政権、輸出企業への支援に3.2兆円(04/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン